読んで学べるADHDのペアレントトレーニング シンシア・ウィッタム

 

原題は”Win the Whining War & Other Skirmishes”で、とくにADHD(注意欠陥多動性障害)ということでもなく、なかなか言うことをきかない子どもの子育てについての本です。UCLAの精神神経医学研究所でのペアレントトレーニング(親訓練)プログラムの研究と実践の経験をもとに作られた本だそうです。

米国では1991年に初版されて以来、日本語版翻訳の時点ですでに6版を重ねるほど人気を博しているようです。同じ著者による第二弾、「きっぱりNO!でやさしい子育て」(The Answer is NO)もすでに翻訳されていますね。(下記)
 
その後、日本でもADHDのペアレントトレーニングの本はいくつか出版されておりますが、やはり本場物は板についているっていう感じですね。日本とは社会通念の違いなどもあって、ふーんアメリカではそうなんだ、という記述もありますがそれはそれでおもしろい。

著者であるシンシア・ウィッタムさんの、きさくでやさしい人柄がひしひしと伝わってきます。まあ硬いことを言わずに気楽に読んで、悩ましい子育てに少しでもヒントになることをつかめればよいのではないでしょうか。

ここで紹介されている行動療法的なアプローチというのは、簡単にいうと次のようなことです。

まず、子どもの行動を、3つに分ける。
1.してほしい行動
2.してほしくない行動
3.許し難い行動
です。

それに対して、
1.してほしい行動 → 注目してほめる
2.してほしくない行動 → 無視する
3.許し難い行動 → 罰(タイムアウトなど)を与える
ということです。

ポイントとしては、子どもというものは注目されることがうれしいので、もちろんほめられるのが一番ですが、がみがみ言われることでも無視されるよりはましと感じるんだ、ということです。
ですから、してほしくない行動をがみがみ言うことは、その行動を余計に強化してしまうことにもなりかねない、ということです。わかってはいても、親としてはむずかしいですけれどね。

このようなアプローチは、1から3の順にステップを踏んで実践していくようにと書かれています。つまり、罰(といっても一定時間一人でじっとするタイムアウトといった穏やかな方法ですが)を与えることが、一番むずかしいので、必ず、注目してほめるというところからはじめることです。

子どもを愛することだ、と言われても抽象的でどうしてよいかわかりません。子どもに注目することが大事だ、と言われば、ずっとわかりやすいですね。そして、わたしたち大人は、自分の都合や忙しさにかまけて、ついつい子どもに注目することが疎くなってしまいがちなものです。

 

〒332-0012

埼玉県川口市本町4-4-16

-401

(川口駅前医療モール内)

TEL 048-229-7622

FAX 048-229-7625

院長 佐藤 寛

カウンタ 

お知らせ
非常勤臨床心理士を募集いたします (火, 08 11月 2016)
>> 続きを読む

受付スタッフの募集は終了いたしました (水, 13 7月 2016)
>> 続きを読む

受付スタッフの募集をいたします (水, 22 6月 2016)
>> 続きを読む

さとうメンタルクリニック☆ブログ
非常勤臨床心理士の募集をしております (火, 08 11月 2016)
>> 続きを読む

受付スタッフの募集をいたします (金, 24 6月 2016)
>> 続きを読む

スヌーピーと怪獣 (水, 30 10月 2013)
>> 続きを読む

重元寛人「フロイト全集」読んでます。

佐藤新聞2013年10月号
>> 続きを読む

佐藤新聞9月号
>> 続きを読む

パズドラ3
>> 続きを読む

Twitter「重元寛人(佐藤寛)」
新・重元寛人「フロイト全集」を読む
フロイト研究会
facebookページ「さとうメンタルクリニック」
さとうメンタルクリニックの本棚
フロイト・ストア
川口駅前医療モール
川口あおぞら眼科
おおしまこどもクリニック
杉浦医院
三宅耳鼻咽喉科
オアシス歯科クリニック
いしい整形外科
医療機関リンク
川口市立医療センター
埼玉県済生会川口総合病院
川口工業総合病院
川口さくら病院
川口病院
戸田病院
大宮厚生病院
北辰
埼玉県立精神医療センター
埼玉精神神経センター
埼玉医科大学かわごえクリニック
獨協医科大学越谷病院
東京都立小児総合医療センター
国立国際医療研究センター 国府台病院
大阪市立総合医療センター
さとう眼科医院
岡クリニック
口コミ病院検索 歯科検索 ホスピタ